1月, 2012年

阪東 高英さん <ゆず・ゆこう・すだち加工品>【若士】

2012-01-20



徳島県勝浦郡上勝町でゆず・ゆこう・すだち・晩茶を有機栽培・有機加工をしている阪東食品の阪東さん。

阪東農園で有機栽培されたものを使って加工するので、安心して食せます。

徳島特産のゆず・ゆこう・すだちは、上勝町の日当たりの良い棚田で育ち、昼夜の気温差と澄んだ空気とおいしい水が香りのよい果実を一層育んでくれます。

阿波晩茶は、すっきりとした清涼感とほのかな酸味があり、乳酸醗酵させる、稀なお茶です。
阪東さんは数百年来の伝統製法で仕上げているので、赤ちゃんにも安心して飲んでもらえます。

プロスファーム>ショッピングページ>若士カテゴリーへ

木元 彰彦さん <なると金時>【若士】

2012-01-20



徳島県鳴門市で『なると金時』の生産をしている、木元さん。

鳴門の砂地で作られたサツマイモはミネラルをたっぷりと含んでいます。

海に近い鳴門の砂地畑は水はけがよく、通気性に優れているので、サツマイモには最適の環境です。夏場の乾燥と地下水に含まれる塩分が甘さを引き立たせます。

木元さんの農園では、サツマイモを貯蔵する際、コンテナではなく、リンゴ用の木箱を使用しており、通気性に富んだ木箱はより一層甘みを生み出します。

昔ながらのリンゴの木箱を使って貯蔵する農家は少なく、コンテナで貯蔵する農家がほとんどです。

木元さんはバランスのとれた肥料にこだわり、栄養バランスのとれた健康な作物栽培に気を使っています。

プロスファーム>ショッピングページ>若士カテゴリーへ

川添 修治さん <旬野菜>

2012-01-20



徳島県板野郡で旬の野菜を栽培している川添さん。

本業は家庭菜園のコンサルティングをしているのですが、その時々の旬な野菜を栽培しているので、いろいろな野菜を作っています。

珍しい種類のものも多く栽培し、珍しい野菜の料理方法も教えてくれます。

新 公二さん <菌床しいたけ>【若士】

2012-01-20

徳島県鳴門市で椎茸を菌床栽培しているサンコウファームの新(あたらし)さん。



ハウスで通年収穫が可能な椎茸菌床栽培です。
菌床栽培は、オガクズなどの木質基材に栄養源を混ぜた人工の培地でキノコを栽培する生産方法です。



 

 



 

 

 

新さんによる椎茸の美味しい見分け方
○カサが薄茶色であまり開いていない肉厚なもの
○軸が太く短いしっかりとしているもの
○カサに黒いシミや割れが無く、表面にツヤがあるもの
○カサの内側が純白に近いものが良質で新鮮
○カサの内側のヒダに薄い膜が張っているものは特に新鮮
○湿気に弱いので、しっかりと乾いたもの

収穫後、1つ1つ選別をして、パックや袋に詰めて行きます。

YouTube Preview Image

 

プロスファーム>ショッピングページ>若士カテゴリーへ

齋藤 茂行さん <白菜・キャベツ>

2012-01-20



徳島県板野郡で白菜とキャベツを生産してる、齋藤さんです。

齋藤さんの白菜は大玉から中玉まであって味の濃い白菜を作っています。
ちょっとコワモテな気さくな生産者です。

冬の鍋には欠かせない白菜です。
無化学肥料で栽培をしているので、鍋に入れても存在感が一際目立つ白菜です。

山畠 賢一さん <なると金時・わかめ>

2012-01-20



徳島県鳴門市の鳴門の渦潮がすぐ傍に見える瀬戸内海沿岸でなると金時とわかめを生産している山畠さん。なると金時は海から近い場所で潮風を浴びながら成長する金時芋が絶品です。

わかめは荒波の中で育ったミネラルたっぷりの塩蔵わかめを生産してくれています。

なると金時&わかめは徳島県の特産品の中の特産品です。

武澤 豪さん <レタス・お米・ミニ玉ねぎ等々>【若士】

2012-01-20



徳島県阿波市で広大な面積で農業を営んでいる、武澤農園の武澤さん。
自宅から数分車で移動したところに約10ヘクタールの敷地でレタス、お米等々、数多くの農産物を栽培しています。

2011年には天皇陛下に献上される、献上米を作られた武澤さん。

元来、徳島県の中で阿波市の北部側は徳島県内でお米が美味しい地域として知られていました。夏場の気温がお米の栽培に適しているとの事です。

季節毎の旬の野菜を栽培する事を念頭に営農されているので、生産物で季節を感じる事が出来ます。



プロスファーム>ショッピングページ>若士カテゴリーへ

佐藤 博さん <トマト>【若士】

2012-01-20




徳島県美馬市でハウスでの水耕栽培でトマトを生産する佐藤さん。

山間部で日当たりも良く、水質が良い立地で水耕栽培を行っているので、あま~いトマトを栽培しています。ハウスでの水耕栽培の為、年間を通して栽培が出来る利点を活かしていますが

夏場は暑くなりすぎる為ハウス内の気温調節には気を配り、冬場はボイラーを焚いて、室温を上げています。
プロスファーム>ショッピングページ>若士カテゴリーへ

井村 早苗さん <マッシュルーム>【若士】

2012-01-20



徳島県那賀郡でマッシュルームを生産している井村さんです。

井村さんのマッシュルームは3.0アールの菌床室で栽培されています。

菌床室内は一年中、冷暖房で室温等を管理し、肥料は徳島県阿南市産の稲ワラを使用しています。

肥料として使用されている稲ワラは、乗馬クラブで飼育されている馬に踏ませ、柔らかくなった稲ワラを醗酵さあせて堆肥にされています。

マッシュルームは生食でもOKです。(冷蔵で2~3日以内がオススメ)

マッシュルームは成熟すると傘のヒダが暗褐色になりますが、痛んでいるのではないですが、新鮮なうちに食べるのがBESTです。

ホワイトとブラウンマッシュルームがありますが、ホワイトマッシュルームはきめ細かくなめらかで、ブラウンマッシュルームは味と香りが濃厚です。

プロスファーム>ショッピングページ>若士カテゴリーへ

坂本 哲男さん <お米>

2012-01-20



徳島県板野郡で梨とお米の生産者です。

Prosとは長年のお付き合いをさせて頂いてます。

坂本さんのお米の品種は『コシヒカリ』です。
徳島県内では数件の飲食店に卸している、知る人ぞ知るお米を生産しています。

長年の経験を活かし、気候を見極めて収穫時期を決めています

« Older Entries
Copyright(c) 2011 PROSCORPORATION All Rigths Rserved.